So-net無料ブログ作成

16年目の大改修

2ヶ月ぶりのブログとなりました。
何かといろいろなスケジュールに追われるなか、普段クライアントの皆様には10年くらいでのメンテナンスをお薦めしているのですが、16年ぶりに自宅をメンテナンスすることにしました。
医者の不養生とでも言いますか、耐久テストのつもりでほったらかし。
しかし、シールは硬化し、外壁塗膜も紫外線には勝てず、決意した次第です。
大きな改修としては、外壁の清掃/塗装とシーリングの打ち直し。室内は壁の再塗装と一部クロスの張り替え、床は天然リノリュームを貼りかえることにしました。
しかし、これだけだと化粧直しに過ぎず、せっかく足場も掛けるならと、外壁やガラス面にはチタンエースという光触媒塗料を施し、ガラスも建設当時はLow-eガラスなど入手できなかったので、住友3Mのナノ80Sという遮熱フィルムを内貼りし、屋根にもガイナという機能性環境改善塗材を施すことにしました。
このガラス処理や屋根の遮熱処理で、今後エネルギー負荷がどのようになるかが楽しみです。
でも、暮らしながらの改修工事は大変ですが、暮れの大掃除からは開放されそうです。

たなべけいいち

IMG_0774.JPGIMG_0781.JPGIMG_0780.JPG

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。