So-net無料ブログ作成

間取り [仕事の話]

ブログをしばらくご無沙汰している間に、いくつかの書籍で手掛けた住宅作品を取り上げていただきました。
その中でも「心がときめく間取りアイデア図鑑」という書籍が出版され、ここでもお手伝いした住まいの幾つかを取り上げていただいています。
一般的には「間取り」とは平面図の事で、この書籍でも「眺めのいい部屋の作り方・・」や、「外部と室内をつなげる方法・・」など、11の章に分けてその事例を取り上げ、解説しています。
どれも多くの建築家が手掛けた心地よさそうな事例が取り上げられ、平面図と工夫したポイントも解説されており、「なるほど」と思うアイデアも掲載されています。
しかし解説文や平面図だけでは空間の全てを語れないのも現実です。
そこには「時」の変化も伴う空間が存在し、それぞれの空間どうしの繋がりや環境との係わりなど、平面図だけではなかなか語れない物です。 ましてや不動産的な表現の○○LDKというようなことではまったく語れるものではありません。
私の場合「住まいや建築」を創造するとき、そこにふさわしい「場を作る」ことをコンセプトに、その「場」にどのような空間的繋がりを持たせるかを実践し、それを建築という形にしています。 建築家の作る「間取り」とは「場」と「場」を繋ぐ「間の取りかた」とイメージしていただくと良いのではないでしょうか。

たなべけいいち
いえづくり表紙-2539.jpg51dmWqZWJ-L._AA500_.jpgいえづくり表紙-1537.jpg表紙-1511.jpg表紙-2512.jpg

20周年です [仕事の話]

日々の忙しさの中、ブログUPもいつものように疎かになり、しばらく休眠状態で失礼していました。
やっと6月になり、幾つかのプロジェクトも竣工、また毎年参加している「朝日ハウジングフェア2014」も終わり、気がつくと今年の2月が事務所を創設して20年目でした。
この間、多くのクライアントに出会い、多くの方々に支えられ、多くの建築を手掛けてきました。
20年で手掛けた住宅は約50件、集合住宅が2棟、保育園2つ、中学高等学校が1つ、資料館が1つ、クリニック4件、クルマのショールーム3件、店舗が7店舗、結果駄目だった公開コンペ参加は5件程になります。多分プレゼンテーションした回数は100回以上でしょう。
作品も、建築関連雑誌はむろん、クルマやペットの雑誌、男性/女性のフアッション雑誌、週刊誌と掲載していただいたメディアも数多く、TV番組でも取り上げていただき、CM撮影への参加要請いろいろもありました。
そのような20年の中で、最近、事務所発足当時に手掛けた住宅に対して、「家づくり大賞=ロングライフ賞」なるものも頂きました。
この賞は、「NPO法人家づくりの会」が主催するもので、「時間の経過とともに評価の高まる住まい作り」に対していただいたものです。
手掛けた多くの「住まい」や「プロジェクト」が、この賞に恥じない物であり続けるように、これからも新たな発想で挑んでいかなければならないですね。

ロングライフ賞状JPG.jpg

たなべけいいち

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。